よそ行き用の着物は良い物

訪問着は普段着では無いのでそれなりの価格のものを

女性の和服で訪問着は、割と気軽に着ることのできる準礼装に当たる着物です。1枚あれば、普通の生活でのお呼ばれなどには充分着ていく事が出来ますから、用意しておくと便利な着物です。
簡単に分類すると、若い未婚女性の礼装は勿論振袖ですが、既婚女性の場合は黒留め袖が礼装です。その既婚女性の準礼装は付け下げですが、そのちょっと下に当たるのが訪問着と言う事になります。親族の結婚式にはちょっとくだけ過ぎですが、パーティーなどでしたら特に違和感なく着て行けると言う感じでしょうか。
そのように決して普段着とは言えない訪問着ですので、それなりの価格の物を選んでおくのがいいでしょう。今では着物も、絹100%の物では無く、洗うことのできる化繊の物が出ています。しかし小紋などと違って、普段着とは言えない訪問着です。着ていく場所の格も考えて、あまり安い価格の化繊の物などは避けましょう。
正直なところ、和服と言うのはその価格が質を表すものですから、いいものはそれなりのお値段がするものです。そしていい着物は一生もので着られますので、特に訪問着のような染めかえれば年を取っても着られるような着物は、出来るだけいい品を選びたいものですね。

訪問着の価格相場を知っておこう

着物に興味はおありですか?初心者にとって着物の購入には二の足を踏むこともあると思います。また、悪質な業者につかまって後悔したくない人もいるでしょう。そこで、ここでは訪問着の価格はいくらくらいなのかを中心にご紹介させていただきます。
訪問着は披露宴やお見合い、茶会やお宮参りなど幅広く着用できる着物です。これ一着あるだけで汎用性がありますから重宝するでしょう。そこで、気になってくるのが着物のお値段です。もちろん、着物にもピンからキリまでありますが、基本的に着物には定価が存在せず販売店の言い値によって決まっています。この価格の違いはお店ごとの仕入れ値や経費によって左右されるので、訪問着を選ぶ際はいくつかお店を見てからにしましょう。また、百貨店であれば強引な販売がされることはありませんので、初めての方は百貨店で値段感覚を掴むのが良いかもしれません。
さて、具体的な訪問着の相場ですが、柄がちゃんと入っておりプリントではなく手で色を挿しているものを前提として考えれば、百貨店では30万円前後、呉服屋では20万円前後が大体の相場と言えます。ただ、先述したとおり販売店によって訪問着の価格は大きく開くこともありますので心に留めておいて下さい。

きもの・長襦袢・コート・羽尺は、未仕立ての状態でお届けいたします。 コールセンターは、平日10:00~20:00土日祝10:00~18:00です。 保証書により5年間、表地・帯・小物、及び仕立て・加工・付属品の品質を保証します。 お仕立て・加工のご依頼は、商品のご注文日より1年以内でお願いしております。 仕立上がり品以外は、原則、未仕立ての状態でお届け致します。 訪問着の一般平均的な金額紹介

INFORMATION

古き良き文化をデジタル通販購入

VIEW DETAIL

利便性とコストを両立したネット通販

VIEW DETAIL